【簡単にわかる】社会保険とは?パートでも入れるの?【悩みをすべて解決】

社会保険

パートで社会保険に入りたいと考えている人「パートでも社会保険って入れるのかを知りたい。これから社会保険に入りたいけど、いったいどこから手を付けたらいいんだろう…。頑張りたい気持ちはあるけど、手順がわかりません。具体的な方法を教えてください。」

こういった疑問に答えます。

 本記事のテーマ

【簡単】社会保険とは?パートでも入れるの?【悩みをすべて解決】

 社会保険の情報収集の始め方

  • ①実践手順:パートの方が簡単に社会保険について知れるおすすめの方法3選
  • ②基礎理解:社会保険の内容をまとめました
  • ③基礎理解:社会保険の対象者ってどういう人?

 記事の信頼性

記事を書いている私は、FPの試験に合格しています。

 読者さんへの前置きメッセージ

本記事では「これから社会保険の情報収集を頑張りたいけど、どこから手をつけていいか分からないよ」という方に向けて書いています。

この記事を読むことで、「社会保険の情報収集の実践手順と社会保険の基礎理解」をできるようになると思います。

「社会保険について知らないと不安だなぁ…」と感じていた私を救ってくれたのが社会保険の情報収集です。 控えめに言って、社会保険について知ることで人生が変わった私が、社会保険の情報収集の方法に感謝の気持ちを込めつつ、記事を執筆します。

それでは、さっそく見ていきましょう。

結論から言うと

社会保険は

法人企業であれば役員や正社員もすべて対象となります。

また、パートやアルバイトであっても週の所定労働時間20時間以上、月額賃金8.8万円以上、勤務期間1年以上見込み、学生ではない、従業員数501人以上の企業で働いている方は社会保険の対象者です。

ただし、2022年10月から社会保険の加入対象になる方に対しては、従業員数101人以上の企業で働く、週の所定労働時間が20時間以上、月額賃金が8.8万円以上、2か月を超える雇用の見込み、学生ではないのすべてを満たす人も対象者になります。

①実践手順:パートの方が簡単に社会保険について知れるおすすめの方法3選

普段の生活の中で社会保険について知る機会はなかなかありません

少し詳しい内容を知りたいと思ったときのおすすめの方法3選を紹介します。

その①:FPに直接相談してみる

こは断言しますが、社会保険について知ることは「簡単」です。

 FP無料相談で「社会保険について知ること」が簡単な理由

参考までに、いくつか情報を貼ってみますね。



例えば上記の「【マネプロ】」だと、無料で専任のFPが継続的にサポート的な記載もあるので、わりとありかもですね。

「マネプロ」を実際使ってみた結果


東証グロース市場に上場している(株)ブロードマインドが運営するマネプロは、あなたの資産運用や老後資金の確保、保険や税金、子供の育児・教育の費用などといった「お金の悩み」をファイナンシャルプランナー(FP)に行えるサービスです。

マネプロなら、FPに何度でも無料で相談できます。
ビデオ通話で全国どこからでも利用できるため、近くに相談できる専門家がいなくても安心です。


今まで資産運用やマネープランなどを深く考えたことがない人々から注目されています。

マネプロなら幅広い「お金の悩み」に対応

FPへ無料相談できるサービスは今までにもありましたが、その多くが「保険の見直し」がセットになっているものでした。

保険代理店などが中心となって取り組んでいることもあって、「お金の悩み」に関しても、家計の見直しなど、保険見直しにつながるようなものが多いです。
資産運用などに関しては相談に乗ってくれないといったケースも珍しくありませんでした。

一方、マネプロでは、資産運用やマネープラン、ライフプランなどをメインにしています。
お金の増やし方だけでなく、老後資金や教育資金、税金など、将来的な「お金の悩み」を中心にFPに相談することができます。

あなたが希望すれば、保険見直しなども行ってくれますが、強引に今の保険を解約させて新規契約させようとすることはありません。

完全無料でFPに相談

マネプロなら、何度でも無料でFPに相談できます。

FPに直接相談すると相談料を取られる場合もあるため、無料で済むのは嬉しいですね。

漠然とした悩みでもOK

マネプロに相談するにあたっては、漠然とした不安を担当のFPに知らせるだけで十分です。
FPはお金の専門家ですから、カウンセラーと同じように、はっきりとしない不安や悩みを具体化して、解決策を提示するのが得意です。

FPが丁寧に聞き取った上で、あなたにとって最適なオーダーメイドのマネープランを提案します。

なお、資産運用と称するもののなかには、詐欺的な内容のものもあります。
巨額の詐欺事件などがニュースになりますが、投資を装って募集しているものが多く、はじめのうちだけはリターンを返すために騙されやすいのです。

そこで、マネプロでは、FPが厳選した50種類以上の商品のなかから、あなたにあったマネープランを提案します。
いずれも詐欺の心配はなく、安心して資産を任せられるものばかりです。

もちろん、あなたが納得できなければ、FPから提案されたマネープランを断っても全く問題ありません。

マネプロはオンライン相談可能

コロナ禍以降はオンラインサービスが一気に増加しましたが、マネプロもオンライン対応を済ませています。
zoomを用いたビデオ通話で、あなたを担当する専属のFPとマンツーマンで相談することが出来ます。

あなたが店舗に足を運んだり、FPが自宅などに訪問することもないので、資産運用の機会が少ない地方の人でも気軽に利用できます。

マネプロの顧客満足度は95.7%という高さでした。

マネプロの口コミや評判は?

マネプロを利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。

マネプロの口コミ評判について、独自調査した結果では、私が見てまわった書きこみの印象としましては上々でしょう。
「自分の運用方法が明確になって良かった」など、良い書き込みが目立っていた印象です。

最近、NISAやiDeCoなどの運用に興味を持ち始めましたが、どんな運用が自分に合っているかイマイチ分からず、プロに相談することにしました。
資産運用の考え方や、自分の送りたいライフスタイルに合わせた運用方法を教えてもらいました。

FPの方は知識が豊富で、私の質問にも的確に答えてくれたので安心して相談することができました。
最終的には、オンラインで3回相談し、自分に合った運用をスタートすることができました。

職場の上司が、定年後も「家計が大変だから」と再雇用制度で働いているのを見て、老後資金について不安を感じるようになりました。
しかし、何から勉強したらいいのか分からず調べていたところ、マネプロの存在を知り、思い切ってオンライン相談してみました。

最初はどんな人か緊張しましたが、すごく親身になって老後資金の相談に乗ってくれて、初心者の私にもわかりやすく説明してくれました。
オンライン相談は何回受けても無料なので、そこも嬉しいポイントでした。

彼女と婚約し、結婚式や新居にかかる費用などを計算したら、想像以上にお金がかかることがわかり、困っていました。
彼女は専業主婦になる予定なので、私の収入だけでやりくりする必要があり、結婚後の家計管理が不安でした。

オンライン相談では、節税の方法や、家計管理の仕方を教えてもらいました。
定期預金など「増えない貯蓄」を減らして、より増えやすい運用をした方がいいと教えてもらえたので、家計が楽になりました。

第一子の妊娠を機に、子供の教育資金や将来のお金について考えるようになりました。

正直、相談するまでは、共働きなのでお金の余裕はあると思っていました。
しかし、オンライン相談で教育資金を計算してもらったところ、「共働きでも全然足りない」と驚愕しました。

私たちに合った教育資金と老後資金の準備の仕方を相談し、「これならできそう!」と将来のお金の心配が減りました。
二人目の子供ができた時も、また相談したいと思います。

マネプロの資産相談申し込みは随時受付中

マネプロでは、あなたのお金の悩みの相談を受け付けています。
担当のFPが丁寧に対応します。

マネプロのオンライン相談は何度でも無料で行なえます。

【マネプロ】の詳細/相談申し込みはこちら

こんな感じでして、ぶっちゃけ社会保険について知りやすいです。

なお、社会保険の内容は多種多様で複雑なので直接聞いちゃうのが一番ラクです。

その②:FP(ファイナンシャルプランナー)のテキストを読む

FPについて勉強してみることが一つおすすめの方法です。私は社会保険について勉強したいと思い、実際にFPの市販の教科書を買って読んでみました。値段も安く、内容がすごくまとまっているので簡単に始められる勉強の一つです。FPの勉強は「おすすめの書籍」を是非ご覧ください。

その③:その都度ネットで調べる

気になったときにすぐに情報を得られる手段として非常に便利なのがまとめブログの記事です。自分の知りたい情報だけをピンポイントで知りたいというときにはとても有効です。

②基礎理解:社会保険の内容をまとめました

その①:医療保険

健康保険、国民健康保険(国保)、後期高齢者医療制度の3つがあります。対象者や保険料、給付内容について詳しく知りたい方は是非この記事をご覧ください。

【簡単】医療保険とは?詳しく解説【新たな学び】

その②:介護保険

介護保険とは、介護が必要と認められたときに、必要な分の給付が行われる制度です。細かい内容について知りたい方は是非この記事をご覧ください。

【簡単】介護保険とは?詳しく解説【わかりやすく】

その③:年金保険

年金には国民年金と厚生年金の2つがあります。職種や年齢によって年金の内容は大きく異なります。詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

【わかりやすく】公的年金とは?詳しく解説【対象者の分類】

その④:労災保険

労災保険は、業務上や通勤途上における労働者の病気、けが、障害、死亡などに対して給付が行われる制度です。労災保険の中でも病気やけが等をどういう状況で負ったかによって給付内容が異なります。さらに詳しくしりたい方はこちらを是非ご覧ください。

【わかりやすく】労災保険とは?詳しく解説【目からうろこ】

その⑤:雇用保険

雇用保険は、労働者が失業したときに必要な給付を行ったり、再就職を援助する制度です。年齢や失業の内容によって受けられる給付の内容が大きく異なります。気になった方はこちらをどうぞ。

【わかりやすく】雇用保険とは?詳しく解説【私は貰えるの?】

③基礎理解:社会保険の対象者ってどういう人?

その①:健康保険と国民健康保険の場合

そもそも健康保険は会社員とその家族が対象です。それに対して、国民健康保険は自営業者とその家族が対象です。健康保険と国民健康保険の違いは、国民健康保険には出産手当金に加えて傷病手当金がでないということです。自分がどういう仕事をしているのかで大きく異なってきます。

その②:退職した方の場合

退職された方は、再就職をしない場合もなんらかの保険に加入しなければいけません。再就職をしない退職者向けには3つの選択肢があります。

  • 家族の被扶養者となる
  • 国民健康保険に加入する
  • 健康保険の任意の継続の被保険者になる

この3つになります

  • 家族の被扶養者となる

家族の被扶養者となるのは、親や子、配偶者の中で健康保険の被保険者である方の被扶養者になるということです。

国民健康保険に加入するには、退職した日の翌日から14日以内市区町村に申請する必要があり、保険料は全額自己負担となります。

その③:失業した方の場合

失業した方のための雇用保険はすべての労働者が対象でありますが経営者である社長役員個人事業主さらにその家族は原則、対象者ではありません

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます(^^♪

この記事が皆様の生活がよりよくなる一助となれば幸いですm(__)m

コメント